前向きに辞めるためのポイントとは

医療や介護現場での仕事は大変やりがいがある分、患者や利用者の体調によって勤務時間が左右されたり、体力を消耗したりすることが少なくありません。特に医療職の場合は、喫緊性の高い仕事を任されることが多いため、状況によっては激務になってしまうことも否めません。そうした時に、自分の生活と折り合いがつかなくなってしまうと、仕事を辞めざるを得なくなってしまうもあるでしょう。しかし、辞め方には、明るく未来に向かって進むことができるような前向きな辞め方と、ネガティブで後ろ向きな辞め方の二つがあることをご存知ですか?

その二つの違いが端的かつ顕著に現れるのが、辞職の意思を伝える際の退職理由です。医療職や介護職で比較的多い退職理由は、職場での人間関係の問題、労働時間の長時間化、体調不良、低賃金などです。しかし、これらの理由をストレートに告げてしまうと、後ろ向きな辞職と捉えられてしまいます。そこで、前向きな退職を印象づけるためには、自分のステップアップを前面に押し出すようにすることをおすすめします。例えば、ケアマネージャーといった資格を取得してキャリアアップを目指すといった内容や、より規模の大きい介護施設や医療施設などで経験を積むといったことなど。そうすれば、上司や同僚からの理解が得やすく、円満に退職が進められます。医療現場で働く人たちの退職理由や、その後の転職活動について紹介されているこちらのサイトをチェックしておくと、気持ち良く退職をするためのヒントが得られるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です