医療従事者は、頑張り過ぎに注意しよう!

働き過ぎが原因で心身のバランスを崩してしまうことが、医療の世界ではよくあります。中にはうつ病のようなことになって、その後別の場所でも働けなくなる人います。そうなってしまっては、人生までもが台無しになります。ですから、医療職に就いている場合は、心と体のケアを第一に考えるべきです。

医療職は、人の生死に関わる大変な仕事であり、深い専門知識も必要になります。毎日の仕事で大きなプレッシャーを感じることもありますし、業務外でもしっかりと勉強をしなければ先端の医療にはついていけなくなります。しかし、だからといって自分を犠牲にしてまで頑張る必要はありません。自分一人が日本の医療を支えているわけではないので、時には先輩や同僚に頼っても構いませんし、休みをしっかりと取ることも大事です。必死になり過ぎると、心身が疲れ果ててしまって、退職に追い込まれることも少なくありません。マイペースに無理のない範囲で仕事を続けていくのが、医療業界を生き抜くポイントと言えるでしょう。

万が一心身を病んでしまって退職をすることになっては、せっかく取った資格も培ったキャリアも無駄になってしまいます。高度なスキルを持っていても、それを活かせる場を失うのは問題です。そこで、自分は疲れているなと感じたら、しっかりと休息を取るようにしましょう。万全の状態で仕事をすることは、医療ミスを減らすためにも重要なことです。心身に大きな疲労を溜め込み、パンクする前、上司に相談したり、転職を視野に入れたりすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です