医療職や介護職を辞める人の主な理由

医療職や介護職は退職や転職希望者が非常に多いことで有名ですが、その退職理由は一体何なのでしょうか。よくある理由として、主に3つのことが挙げられます。まず1つ目は人間関係の悪化です。医療や介護業界は、男性が増えつつありますが、まだまだ女性スタッフが中心となって働いている業界です。そのため、女性特有の人間関係や派閥が生まれやすく、それに馴染めなかったり、我慢できなかったりして辞めていく人が多いのです。

2つ目は仕事内容に関することです。医療や介護業界は女性が多い職場であるにも関わらず、仕事内容は基本的に肉体を酷使する業務がメインです。したがって、力仕事に耐えられない人や、仕事で体を壊してしまい辞めざるを得なくなる場合が少なくありません。また、人の命に関わる仕事も多く、責任感が求められるので、ストレスを感じやすいのも特徴でしょう。ストレスを溜め込んで、心身を病み、退職をする人は珍しくありません。

3つ目は給料の安さです。医療職や介護職は非常に大変な仕事です。しかし、その割には給料が安く、労働に見合わないと考える人が多いようです。いくら患者や利用者のためとはいえ、自分の生活が十分にできないのであれば、やはり続けることは難しいでしょう。これらは、医療や介護の仕事に従事している人の主な退職理由ですが、どの理由に関してもなかなか解決が難しい問題だと言えそうです。医療や介護の分野は、人材不足が叫ばれていますので、それを解消するには、上記の問題を改善する取り組みが必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です